年を取るごとに発症率が高まる外反母趾について

ビル

外反母趾は、年がいくごとに発症率が高まる病気です。
年を取ると、関節や筋肉が弱りゆるみます。
すると人体がゆるみ、足の4つアーチが崩れてきます。
加齢で足の4つのアーチが崩れてきた場合、第一中足骨、第二中足骨の間が開きます。
そして、その分足先が靴に圧迫されてしまい、外反母趾となるのです。
また、腱に引っ張られることで外反してきて外反母趾になることもあります。
成人期を越えた女性は特に、外反母趾に気をつける必要があるのです。
外反母趾は病院で治せますが、病院に行かなくて済むのであれば自己フットケアでどうにかしたいですよね。
仕事をしている女性が外反母趾になりやすいのですから、それを考えると病院に行く暇があまりない人も多いはずです。