外反母趾をいたわる歩き方はとても優雅で美しい

ビル

歩き方一つで、足への負担を減らすことが可能です。
もちろん、歩いた時に足に衝撃がかからないようにすることは無理です。
歩き方を工夫することで、足から体に伝わる衝撃を和らげることが出来るのです。
下腹部を軽く引き上げるよう意識して、上半身は伸びするような形にします。
次に、一本の線をかかとと足の親指で踏むようにして、膝から足を出し、歩きます。
モデルのような歩き方が出来るはずです。
足だけではなく腕にも注意を払い、肘が胴の幅を超えないように振ります。
歩幅は自分の足一つ分を目安にしましょう。
外反母趾の予防、ケアの歩き方とは思えないモデルのような優雅な歩き方が出来ることとなります。
外反母趾のせいで歩くことを怖がるのではなく、踏み台にして美しくなりましょう。