外反母趾の自己ケア、まずは足への負担を減らす

ビル

外反母趾は進行期に入れば、もう外科手術しかないのか?それを心配している人がいるかもしれませんが、進行期に入った外反母趾も、ケア次第で進行を随分と遅らせることが可能です。
外反母趾の自己ケアでまず考えたいのが、何よりも足への負担を減らすことです。
足に負担がかかるせいで、外反母趾になるのです。
負担が減ることで外反母趾が減るのは、当然の道理ですよね。
足への負担を減らすために、歩かない生活を送ることは出来ません。
それに、歩かないで運動不足になれば、体重が増加して結果足への負担は増え目かもしれません。
なので、まずは自分に合った良い靴を探すことが大切です。
これで普通の靴を履いているよりも、足への負担は減ったはずです。